観光産業健康保険組合

観光産業健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
サイトマップ HOME

予防接種補助のご案内

※申請用紙は書式ダウンロードからダウンロードできます。
※平成29年よりセルフメディケーション税制が始まり、医療費控除の際に領収書の原本が必要となる場合があるため、当健保への申請は領収書の原本から写しに変更になります。

インフルエンザ予防接種

 当組合ではインフルエンザ予防接種費用の補助を行っております。
 今年度より従来の立替払い方式に加え、新しく東振協*のインフルエンザ予防接種事業もご利用できるようになりました。
 東振協が契約する医療機関(全国に約3,000施設)で接種した場合、補助金分が窓口清算 されるため、当組合への補助請求が不要となります。
 加入者の皆様や、事務担当者様の事務負担を軽減できる事業となっておりますので、ぜひご利用ください。

 *東振協・・・一般社団法人東京都総合組合保健施設振興協会

インフルエンザ予防接種 補助概要

接種期間

令和3年9月1日~令和4年1月31日(東振協は10月1日から接種可能)

申請資格

接種日当日に当健保の被保険者および被扶養者である方

補助内容

一人につき3,000円まで接種期間内1回限り
(2回の接種を推奨されている方でも、健保からの補助は1回になります。)

 「令和3年度 インフルエンザ予防接種事業実施要綱」(PDF)

 「インフルエンザワクチンQ&A」(PDF)

東振協の利用

【東振協を利用する場合】

東振協が契約する医療機関(全国に約3,000施設)で接種した場合、当健保の補助金額(約3,000円)が窓口清算されます。
当健保への補助請求は不要です。

 

対象医療機関の確認、利用券の発行はこちらから

東振協ホームページ⇒ URL https://www.toshinkyo.or.jp/influenza.html

1.予約開始 令和3年9月1日から
2.接種にかかる費用

各医療機関の契約料金(上限3,960円)より当健保の補助額(3,000円)を引いた額

3.対象医療機関

9月1日以降に東振協ホームページに対象機関一覧が掲載されますのでご確認ください。
契約医療機関は随時更新されます。

4.ご利用の流れ

①予防接種の申し込み
 東振協のホームページに掲載の契約医療機関(接種会場)一覧から、希望する医療機関または会場を選び、事前に電話等で接種の申し込み(予約)をしてください。その際、「東振協インフルエンザ予防接種」利用であることをお申し出ください。

②利用券の発行
 東振協のホームページへアクセスし画面に従って利用券の発行(印刷)をしてください。
  利用券マニュアル(PDF) ※3ページ以降参照

5.諸注意

 ①健保からの補助は、年度一人一回になります。

 ②重複受診や資格喪失受診があった場合、東振協の事務手数料を含む組合補助額(一人当たり3,055円)を事業所または被保険者(本人)へ請求します。

 ③東振協を利用した場合、さらに健保へ立替払い請求することはできません(補助額は同じです)。

 ④予防接種は、利用券に記載される健保の有効期限内に受診してください。

立替払いの利用

【立替払いを利用する場合】

東振協を利用しなかった方を対象に補助を行います。東振協予防接種事業と併用することはできません。
また、2回の接種を推奨されている方でも、健保からの補助は1回のみです。

1.申請方法

事業所経由事業所担当者がとりまとめ、接種日の翌月15日までに健保へ届くようご郵送ください。

2.申請書類

(1)接種を受けた方は、領収書(写)を事業所の担当者に渡してください。

(2)事業所の担当者は、下記の①~③を提出期限までに健保へ提出してください。

 ①申請書(様式1)

 ②接種者リスト(様式1-1)

 ③下記のうち、どちらかの領収書の写し

  ・領収書(写し)を「領収書貼付台紙」に貼ったもの

  ・領収書をA4用紙にコピーしたもの

(3)任意継続の方は、書式ダウンロードから「任意継続者用 様式2」をダウンロードしてご申請ください。

3.提出期限

事業所の担当者の方が取りまとめのうえ、接種した月の翌月15日(当健保組合必着)までに提出してください。15日が休日の場合は、翌業務日となります。

事業所のご担当者様へ

 事業所で集団接種をし、支払いの関係で提出期限に間に合わない場合は、予めご連絡ください。但し、最終締切日は令和4年2月15日(金)となります。

4.注意事項 2回の接種が推奨されている方でも、健保からの補助は1回分のみとなります。

風疹ワクチン接種

 当組合では、風疹ワクチン接種費用の補助を行っております。
 平成31年2月15日開催の第99回組合会において風疹予防接種補助額を1人2,000円から6,000円に増額することが決定いたしました。

1.対象者

予防接種時に当健保被保険者及び被扶養者であること
※ 年度にかかわらず、健保より補助を受けた方は除きます。

2.実施期間

令和2年度
  令和2年4月1日~令和3年3月31日
令和3年度
  令和3年4月1日~令和4年3月31日

3.補助金額

 改定内容

 

検査日

~平成31年2月 平成31年3月~

補助限度額

2,000円 6,000円

年度に関わらず1人1回限り。

補助限度額に満たない接種費用については実費とする。

麻疹混合(MR)ワクチンも対象とする。
※ 予防接種法に定めるところにより、市区町村から全額または一部の補助を受けている場合は、補助金を支給することはできません。
※ 補助金の支給は、日本国内での接種に限ります。

4.提出書類

①申請書 ・(風疹)予防接種 様式1
       ・(風疹)予防接種 様式1-1

       (任意継続被保険者の方は 様式2をご使用下さい)

②領収書(写しのみ)

  • ※1.領収書は、以下の(1)~(6)すべてが記載されているものを添付して下さい。
  •   (1)予防接種者氏名
  •   (2)接種年月日
  •   (3)医療機関名
  •   (4)医療機関の領収印
  •   (5)接種費用
  •   (6)「風疹予防接種代」の明記
  • ※2.平成29年よりセルフメディケーション税制が始まり、医療費控除の際に領収書の原本が必要となる場合があるため、当健保への申請は領収書の原本から写しに変更になります。
5.提出期限 事業所の担当者の方が取りまとめのうえ、接種した月の翌月15日(当健保組合必着)までに提出してください。


肺炎球菌ワクチン接種

 肺炎は一般の人がかかる肺炎の原因となる病原体、第一位の細菌です。肺炎以外にも肺炎球菌感染症があり、死亡率19%と高く、罹患者の69%を65歳以上の高齢者が占めることが知られています。 当健保では肺炎球菌による病気発生を防ぐために、肺炎球菌ワクチン接種の接種率を高めたいと考えておりますので未だ接種されていない方は是非ともご利用戴けますようにお願い致します。
  平成26年度から全国の自治体において、肺炎球菌ワクチンの接種補助を開始しておりますが、接種補助機会を逃している方に当健保から補助をします。なお、当健保の補助対象外の方は、自治体の補助を受けて接種して頂けますようにお願い申し上げます。

1.対象者

・予防接種時に当健保被保険者及び被扶養者であること。

・年度末の年齢が65歳以上であること。
・令和3年度に自治体から補助が受けられる方は対象外となります
・年度にかかわらず、健保より補助を受けた方は除きます。

2.実施期間

令和2年度
 令和2年4月1日~令和3年3月31日

令和3年度
 令和3年4月1日~令和4年3月31日

3.補助金額

4,000円

(補助限度額に満たない接種費用については実費の補助とします。)
※ 予防接種法に定めるところにより、市区町村から全額または一部の補助を受けている場合は、補助金を支給することはできません。
※ 補助金の支給は、日本国内での接種に限ります。

4.提出書類

①申請書 ・(肺炎球菌ワクチン)予防接種 様式1
       ・(肺炎球菌ワクチン)予防接種 様式1-1

       (任意継続被保険者の方は 様式2,様式2-1をご使用下さい。)

②領収書(写しのみ)

  • ※領収書は、以下の(1)~(6)すべてが記載されているものを添付して下さい。
  •  (1)予防接種者氏名
  •  (2)接種年月日
  •  (3)医療機関名
  •  (4)医療機関の領収印
  •  (5)接種費用
  •  (6)「肺炎球菌ワクチン接種代」の明記
5.提出期限

事業所の担当者の方が取りまとめのうえ、接種した月の翌月15日(当健保組合必着)までに提出してください。

※最終締切日
令和2年度
 令和3年4月15日(当組合必着)まで。
令和3年度
 令和4年4月15日(当組合必着)まで。

 締切を過ぎますとお支払が出来ませんので、お早めにご提出ください。

※申請用紙は書式ダウンロードからダウンロードできます。


ページ先頭へ戻る